記事一覧

FOMCを控え様子見姿勢が強まる リラ円は小康状態が続く

いよいよ今夜はFOMCですね、米債金利は昨日に引き続き上昇傾向が続いています、年末の利上げを織り込む動きなのでしょうか。
今日も金利差拡大によりドル円は円安方向に安定推移中です。

焦点:FRB,資産縮小正式発表へ 市場の動揺回避に万全の手
[ニューヨーク/サンフランシスコ 18日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は19─20日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、資産縮小を正式に発表する見通しだ。4兆5000億ドルに上るバランスシートの大半は2007─09年の金融危機に対応して積み上がったもので、危機モードの政策解除がまた1つ進む形になる。
参照元:ロイター


いよいよ次の段階に進みますね、償還分の再投資はなくなるので、じわじわと長期金利が上昇するものと思われます。
これで債券バブルもじわじわと終了していくことでしょう。
リラにはふたたび厳しい局面が到来しそうですが、どれだけ円安で相殺できるかですね。

北朝鮮、脅威になれば「完全な破壊」も トランプ氏が国連初演説
[国連 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、ニューヨークの国連本部で行った就任後初の一般討論演説で、米国は北朝鮮を「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると述べた。
参照元:ロイター


やはり中国が本腰を入れてくれないとどうにもならないですね。

トルコ大統領 クルド自治政府の住民投票中止を求める
イラクのクルド自治政府が今月、実施を予定しているイラクからの独立の賛否を問う住民投票について、隣国、トルコのエルドアン大統領は国連で行った演説で「新たな紛争を招きかねない」と述べ、中止するよう求めました。
参照元:NHK


住民投票の期日(9/25)が迫っていますが、これはまさにトルコ自体の悪材料なので、動向次第ではリラが動くかもしれません。

安倍首相 25日に会見 解散に踏み切る理由を説明へ
アメリカのニューヨークを訪れている安倍総理大臣は、今月28日に召集される臨時国会の冒頭に衆議院を解散する方向で、帰国後、最終調整を進める意向です。安倍総理大臣は、これに先立って今月25日に記者会見し、時間の経過による北朝鮮情勢のさらなる緊迫化への懸念に加え、消費税率を10%に引き上げた際の税収の使いみちの見直しなど、解散に踏み切る理由を説明する方針です。
参照元:NHK


25日はリラも円も忙しくなりそう。
28日に解散で、来月22日が投票日になりそうです。
来月にいきなり重要なイベントが飛び込んできちゃいましたね。

最後はスワップレベルについて。
昨日のスワップは96円でした。
中銀会合前の水準に戻ってきましたね、これで一安心です。
粘るんだリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコが正常化へ一歩前進 クーデター未遂事件から二年を経過しようやく非常事態宣言が解除されます 2018/07/16
落胆続きの一週間でした トルコリラ運用の週間まとめ 2018/07/15
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/07/15
トルコ格下げ 見通しはネガティブ BB+ → BB (フィッチー・レーティングス) 2018/07/14
トリプル安が止まりません 厳しい状況が続くトルコ 2018/07/13

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!