記事一覧

トルコリラ急落 米国とトルコがお互いにビザの発給を停止 リラ運用の含み損はさらに増加

ここ最近は静かな週明けが定番となっていたリラですけど、今週は大きな下窓を作っての派手なスタートとなってしまいました。
いつもはメジャー通貨の強弱のはざまで凪のような動きをしているリラですけど、やっぱりトルコ自体に悪材料が出ると、ちゃんと売られるものですね。

TRY/JPY(日足)
赤ラインは4月の窓の下限。
tryjpy_2017_10_09.jpg

4月にできた上窓を、壮大な下窓で埋めるという面白な展開です。
200日線付近で続いてた攻防も、今日の下窓であっさり玉砕。

これだけの急落は年初のテロ以来ですね、テロの時は10日で4円ほど下落しましたけど、はたして今回はどのような推移をたどるのでしょうか?
二桁台のインフレ率に加え、このリラ安の加速ですから、いまトルコ中銀は頭を抱えているでしょうね。
月末の中銀会合では、いよいよ利上げがありそうな気がします。

トルコリラ急落の原因


この一報で急落となったようです。

米トルコ、ビザ発給を互いに停止 関係さらに悪化
【イスタンブール=共同】在トルコ米大使館は8日、トルコ内での難民関連を除く全てのビザ(査証)の発給業務を停止したと発表した。その後、トルコ側も同日、米国でのトルコビザの発給業務を停止したと表明した。
参照元:日本経済新聞


ユーロとの関係も悪化してますし、米国ともコレでは・・・
両国のいざこざが悪い方向へどんどん進展しちゃってますね。

トルコ・クーデター鎮圧から1年 政治闘争はなお エルドアン大統領は反体制派を強力締め付け
【カイロ=佐藤貴生】トルコで軍の一部によるクーデターが鎮圧されてから、16日で1年となった。エルドアン大統領は、4月の国民投票で承認された改憲で強大な権限を手に入れ、反体制派の大量拘束といった政治闘争を続ける構え。クーデター事件の黒幕とされる在米イスラム指導者の身柄をめぐり対米関係が一層ぎくしゃくするなど、外交に影響もあらわれている。
参照元:産経ニュース


この頃からのいざこざが上記のビザ停止まで発展しちゃいました。
トランプ大統領が折れることはないと思うので、この話はまだまだこじれそうです。

リラ運用の含み損について


昨日の成績更新では140万円台だった含み損が、今日は一気に170万円台にまで増加しています。
この含み損のレベルは、直近だと8/13日あたりの水準に近いですね。

今週はこの急落の影響でスワップの付与レベルも下がるかも。
13日に買い増しを予定していましたけど、ちょっと微妙になってきました。
付与レベルによっては、来週の買い増しになってしまうかもしれません。

粘れリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

No title

お疲れさまです。
今朝は酷い急落でしたね。
一気にマイナスへ落ち込みました。
明日はミサイルがあるかどうかですね。
退場だけはしない様にしたいと思います。

Re: No title

「いつかは上がる。と思う。」さん、こんにちは。

> お疲れさまです。
> 今朝は酷い急落でしたね。

いつもは蚊帳の外状態でインフレ分じわじわと下落してる感じですけど、悪材料が出たときはやっぱり派手に売られますね。

> 一気にマイナスへ落ち込みました。
> 明日はミサイルがあるかどうかですね。

北朝鮮問題は今日なにもなければって感じでもないので、もやもやしたものを感じますね。

> 退場だけはしない様にしたいと思います。

これからも山あり谷ありだと思いますが、お互い頑張っていきましょう^^

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トランプ大統領が口先介入 強いドルを牽制 2018/07/20
原油価格の高騰は必至か 日本の石油元売り企業もイラン産原油の輸入停止に動く 2018/07/19
パウエル議長の証言を材料にリスクオンが進む トルコリラ円も23円台の半ばまで上値を伸ばす 2018/07/18
報復関税は不当と米国がWTOに提訴 トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは35.1に到達 2018/07/17
トルコが正常化へ一歩前進 クーデター未遂事件から二年を経過しようやく非常事態宣言が解除されます 2018/07/16

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!