記事一覧

リラの運命やいかに 今週は重要指標が目白押しです

今週は静かな幕開けですね、リラ円は微妙な位置(30円付近)でヨコヨコ推移中です。
今日は一休みできますけど、明日から重要指標が連続するので気が抜けない一週間になりそう。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2017_10_30.jpg

ドルとユーロの勢いがやや落ちていますが、明日からの指標ラッシュでこれがどのようになるかですねぇ。
今日はまだ嵐の前の静けさのような感じでしょうか。

リラ買いの材料が欲しいところですが、金曜日に待ち構えるインフレ率の発表は嫌な予感しかしません。
FOMCでは12月の追加利上げに関する声明もありそうですし、リラにとっては難局が続きそうです。

為替関連の報道


今週のドル上方向を意識、支援材料重なれば3月以来の115円台
[東京 30日 ロイター] - 今週の外為市場で、ドル/円はやや上方向への動きが意識される。株高と米金利上昇の基調が併存し、次期米連邦準備理事会(FRB)議長がテイラー・スタンフォード大教授と決まれば、今年3月以来の115円が視野に入りそうだとみられている。
参照元:ロイター


リラ円の命運は、ドル高に対してどれだけ円売りが進むかにかかってますね。
リラ円30円の防衛ラインを計算。
115円÷30円=3.83333・・・
なんかリアルな数字です、ドルに対して円売りが115円まで進めば3.83なんてあっという間のような。
まあでも、そうなればユロドルがやや弱くなると思うので、ユロリラの下げでいくらか支えられると思いますが・・・

でも、これもユーロ圏の指標次第なんでしょうねぇ。
強い結果が出ちゃえば、どの道現状通り、対ドル安、対リラ安の流れは継続しそうです。

いつものことですが、リラは蚊帳の外。
金曜日のインフレ率悪化で、悪材料だけに反応ってオチだけは回避していただきたい。
何度も言いますが、早くトルコにも買い材料が欲しい。

今週の重要指標


10/31(火) 時間未定 (日) 日銀金融政策決定会合
11/1(水) 27:00 (米) FOMC政策金利発表
11/2(木) 21:00 (英) BOE政策金利発表
11/3(金) 16:00 (トルコ) 10月消費者物価指数 (前月比)
11/3(金) 16:00 (トルコ) 10月消費者物価指数 (前年比)
11/3(金) 21:30 (米) 10月非農業部門雇用者数
11/3(金) 21:30 (米) 10月失業率


毎月のことですが初週は忙しい。
明日は日銀会合もありますけど、ユーロ圏の指標のほうが変動は大きくなりそうです。

リラにとっては難しい局面が続きそうですが、なんとか粘ってほしいですね。
頑張ってくれリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

米朝会談中止 トルコリラは軟調推移が続く 2018/05/25
トルコが緊急利上げを発表 後期流動性貸出金利を3%引き上げて16.5%に 2018/05/24
トルコの信用低下が深刻な状況になりつつあります 2018/05/23
また最安値を更新 トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは34.3に到達 2018/05/22
米中貿易戦争への懸念が和らぐ 週明けはリスクオンでスタート 2018/05/21

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!