記事一覧

2017年のトルコリラ運用の推移(グラフ)

今週のトルコリラも平穏な立ち上がりですね、いまのところは静かにヨコヨコしています。
今日は溜めこんでいた成績表の数値を、まとめてスプレッドシートに転載しました。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2017_12_11.jpg

先週のクローズしたあたりでヨコヨコしてますね。
今週は大イベントが目白押しですから、トルコリラのみならず他通貨の動きも慌ただしくなりそうです。
明日あたりからざわざわしだすのでしょうか。

とりわけ13日~14日が山場になりそう。
順番としてはこんな感じでイベント攻勢がはじまります。

13日深夜 FOMC 
14日 20:00 (トルコ) トルコ中銀政策金利発表
14日 21:00 (英) BOE政策金利発表
14日 21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表


やはり最大の注目は利上げ予想が強めのFOMCでしょうね。
発表時間はそうとう大きな動きになると思われます。

トルコリラ運用の2017年の推移(グラフ)


前回の転載作業からそれほど経っていないと思っていたのですが、まるまる一ヶ月以上空いてました。

ロット数と買値平均の推移はこんな感じです。
g_01_2017_12_11.jpg

レートが弱めに推移したことにより、年の後半は相殺できるポジションがゼロの憂き目にあっています。
31円台の頃に思い描いていたほど買値平均を下げることができませんでした。

しばらくは相殺できるポジションも少ないので、スワップの累積分にならった、なだらかな買値平均の下落が予想されます。
次に買値平均をガクッと下げる局面が来るのは、来年の年末あたりでしょうか。
さらに買い増しの最終年となる、2019年の年末あたりに最終的な調整をして放置期間に突入する予定です。
まあ、うまくいけばですが。

スワップと損益の推移はこんな感じです。
g_02_2017_12_11.jpg

9月中旬ぐらいからのスポット評価の右肩下がりがヒドイですね。
ここ最近は強めに推移しているとは言え、まだまだ看過できる水準ではないです。

スワップを引き出す期間に入るまでは、放置期間も含めスワップは含み損を消化するツールとして使用するつもり。
まあ相殺できるポジションが増えてくれば、スポット評価の損失もじわじわと減るでしょう。

とりあえずは来年も今年のようにヨコヨコしてくれるとありがたいですね。
かなり気が早いですが、来年が終れば買い増しのゴールも少しづつ見えてきていることでしょう ( ^ω^ )

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

今年最後の中銀会合を通過 金利は予想通りの据え置き 2018/12/14
今年最後の中銀会合の結果や如何に?  政策金利の発表は20:00 2018/12/13
トルコ経済指標 経常収支(10月)は予想を上回る強い結果に落ち着く 2018/12/12
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは37.2に到達 2018/12/11
トルコ中銀 2019年も引き続き物価安定のために断固たる姿勢を貫くことを表明 2018/12/10

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!