記事一覧

トルコ経済指標 「7~9月期GDP」は予想より強い結果に

今日のトルコリラもあまり動いてませんね、まあリラに限らずですがイベントを控えての様子見姿勢が強まっています。
昨日はGDPの発表がありましたけど、いつも通り反応は薄い感じでした。

トルコリラ円のチャート TRY/JPY(日足)


tryjpy_2017_12_12.jpg

ぜんぜん動いてません、他通貨の相関も含めて昨日からほぼ横ばいです。
明日からのイベントが強烈すぎますからね、こうなるのはいたしかたなしでしょう。
まさに嵐の前の静けさですね。

いよいよ今年最後のお祭りが明日の深夜から始まります。

トルコのGDPは予想より強い結果でした。


トルコ 7-9月期GDP (前年比)
前回(修正値) +5.1%(+5.4%)
予想+8.5%
結果+11.1%


相変わらずですが市場の反応は薄い感じ。
まあいつものことですけど、指標結果が悪かろうが良かろうが、中銀会合以外はほとんどスルーですね。

今週は何をおいても市場が注目しているのはインフレ対策のみでしょうし。

トルコ7~9月 11.1%成長
【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ統計局は11日、7~9月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期に比べ11.1%増えたと発表した。2016年7~9月期はクーデター未遂事件の影響でマイナス成長を記録しており、その反動が表れた。政府が大幅拡充した信用保証基金による融資の拡大や自動車など輸出の伸びも寄与した。
参照元:日本経済新聞


何もなくともGDPデフレーターは右肩上がりですから、どこかで緩やかになってくれないと困ります。

エルサレム首都認定問題の余波が拡大している模様


ロシア・トルコ首脳が米非難 エルサレム首都認定
【イスタンブール=佐野彰洋】ロシアのプーチン大統領は11日、トルコの首都アンカラを訪れ、同国のエルドアン大統領と会談した。米トランプ政権がイスラエルの首都をエルサレムと認定した問題を巡り、エルドアン氏は「無責任な決定が緊張を生み出している」と改めて米国を非難。プーチン氏も「地域の問題を不安定化させている」と足並みをそろえた。
参照元:日本経済新聞


首都認定もイラン包囲網の一貫なんでしょうけど、ロシアと密接になりつつあるトルコには頭の痛いところでしょうねぇ。
レザ・ザラブ氏の問題や、ビザ停止など、米国がトルコに圧力をかけ続けるのもわかる気がします。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは85円でした。
今週もなかなか良いスタートが切れました。

週末には答えが出ているでしょうけど、問題はイベント通過後の付与レベルですね。
無難に通過してくれることを祈るばかりです。

粘り続けてくれリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

米中貿易戦争への懸念が和らぐ 週明けはリスクオンでスタート 2018/05/21
トルコリラ円は再び過去最安値を更新 トルコリラ運用の週間まとめ 2018/05/20
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/05/20
トルコ 米鉄鋼・アルミニウム輸入制限に対しての報復措置を発表 2018/05/19
対イラン経済制裁違反の罪に問われていたトルコ国営銀行元幹部に判決が下る 2018/05/18

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!