記事一覧

トルコ経済指標 今日はインフレ率の発表があります 一桁台への改善はあるのか

週明けは欧州の政局がらみの材料でもう少し動きがあると思ったのですが、今のところそれほど大きな動きはないですね。
トルコリラも静かにヨコヨコ中です。

インフレ率の発表は本日16:00
少しでも改善していると良いのですが。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_03_05.jpg

各通貨とも先週末の状態からほぼヨコヨコですね。
静かなのは今のうちだけのような気もしますが・・・

やはり米国の輸入制限に対して欧州時間以降の市場が、どのような反応をするかのほうが気になりますね。
また深夜に荒れそうな気がします。

トルコはドルが足踏みしている間に少しでもインフレ率を改善させてほしいものですね。

輸入制限の続報


アングル:高関税導入、米債保有国の「報復売り」を市場が懸念
[ニューヨーク 4日 ロイター] - トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムに高関税を課して輸入を制限する方針を表明すると、金融市場では動揺が広がり、一部の貿易相手国が保有する米国債を売却する形で報復するのではないかとの懸念が浮上した。
参照元:ロイター


ものものしい雰囲気になってきました、とりわけ今夜の米国株の動向には注意ですね。
債券の報復売りなどをされたら、またたくまに悪いインフレが進行してしまうことでしょう。
トリプル安(株安、債券安、通貨安)が懸念される事態になることは必至、世界同時株安への引き金になるかもしれません。

今週は重要イベントが多し


3/5(月) 16:00 トルコインフレ率
3/6(火) 12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット
3/7(水) 20:00 トルコ中銀政策金利発表
3/7(水) 24:00 (加) 加中銀政策金利発表
3/8(木) 21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
3/9(金) 未定 (日) 日銀金融政策決定会合
3/9(金) 22:30 (米) 2月非農業部門雇用者数


今週は各国の中銀会合が目白押し。
ここ最近は黒田総裁の発言もはっきりとした物言いが多くなってきているので、今回の会合ではもしかしたら出口に対しての表現が変わるかもしれません。

あとは週のどこかで輸入制限(米国)に関する正式発表があると思います。

とりあえず中国の反応待ちですね。
欧州のように報復関税なのか、または米債売りか、はたまた両方での対抗になるのか?
まあなにかしらの対抗措置をとるようなら、ドルは大きく動くでしょう。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコが正常化へ一歩前進 クーデター未遂事件から二年を経過しようやく非常事態宣言が解除されます 2018/07/16
落胆続きの一週間でした トルコリラ運用の週間まとめ 2018/07/15
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/07/15
トルコ格下げ 見通しはネガティブ BB+ → BB (フィッチー・レーティングス) 2018/07/14
トリプル安が止まりません 厳しい状況が続くトルコ 2018/07/13

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!