記事一覧

エルドアン大統領が選挙公約を発表

今週のトルコリラも開幕は静かですね。
先週のような大崩壊を起こさなければ良いのですが・・・

トルコ国内は選挙に向けての動きが活発化してきました、エルドアン大統領も公約を発表してます。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_05_07.jpg

ヨコヨコスタートですね。

今週も米債の動き次第でしょう。
ドル高傾向が続きそうな気がします。

トルコも長期債利回りの急騰には注意が必要でしょう。
急激な通貨安進行があるようなら、なにかしらの声明が発せられるかもしれません。
これ以上の利回り上昇は危険水域です。

エルドアン大統領が選挙公約を発表


【2018・6・24 早期選挙】 エルドアン大統領、選挙マニフェストを発表
エルドアン大統領は、「私の公約は、新たな時期にトルコが現在の文明レベルを凌駕するようにし、金利、インフレ、赤字を下げることだ。」と語った。
参照元:TRT


公約で財政赤字やインフレへの懸念を表明するくらいなら、現大統領なのですし今すぐ行動に移せばよいのではと思うのですが?

選挙に向けて騒がしくなってきました


トルコ大統領選 動き本格化
トルコでは、2017年の憲法改正で、裁判官や閣僚の任免などの強大な権限が大統領に与えられ、エルドアン大統領の再選は独裁につながるのではないかとの懸念も高まっている。
こうした中、新たな政党を立ち上げ、大統領選に出馬した女性党首・アクシェネル元内相に注目が集まっている。
アクシェネル元内相は、「この場をお借りして、エルドアン氏に1つ言いたい! 足元をすくわれないように、気をつけなさい!」と述べた。
参照元:FNN


現政権派閥から離脱したアクシェネル氏が台風の目になりそうですね。
はたしてエルドアン大統領と同じ保守派層の票をどこまで奪うことができるでしょうか。
面白い戦いになりそうです。

原油価格 1バレル70ドル超え


ホットストック:石油関連が堅調、米原油先物が1バレル70ドルに接近
[東京 7日 ロイター] - 業種別指数の石油・石炭が反発。JXTGホールディングス、出光興産、昭和シェル石油など石油関連株が堅調となっている。イラン情勢を巡る地政学リスクの高まりが意識される中、米国が新たに対イラン制裁に動けば、中東からの原油供給が停滞するとの見方を背景に米原油先物が上昇し、1バレル70ドルの大台に接近した。石油関連株には、業績面での好影響への思惑から買いが入った。
参照元:ロイター


これは朝方のニュースです。
現時点では70ドル超えちゃってますね。

トルコにっとては踏んだり蹴ったり(通貨安進行+原油高)の状態。
5月も輸入コストの増加は避けられないでしょう。

このままでは6月のインフレ率発表(6/4)も悪い結果が予想されます。
悪循環が止まりませんね・・・

苦難が続きますが、なんとか乗り切ってほしい。
頼むぞ、今週も粘ってくれリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコ国債格下げ 格付け会社からの警告が相次ぐ 2018/08/18
トルコ国債の格付け見直し 本日17日はS&P社の格付け発表があります 2018/08/17
カタールがトルコへの支援を表明 トルコリラ円は18円台まで上伸 2018/08/16
トルコリラ円が大きく値を戻す 2018/08/15
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは35.5に到達 2018/08/14

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!