記事一覧

米4月CPIは予想より若干下振れ ドル高傾向がやや緩む

今日のトルコリラはヨコヨコ推移に戻ってますね。
通貨防衛のために開いた緊急会合の効果もここまでなのか?
ドル高が緩んでいるうちに、せめて26円台ぐらいには戻してほしいところ。

昨日は我が家の遅いGWを満喫してました ( ^ω^ )
更新もお休みしてしまいましたが、今日からまた再開します。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_05_11.jpg

ようやく通貨安に対して目立つ動きが出始めましたけど、現状のレートを見る限り市場の評価はまだまだ厳しい感じ。
ドル高が緩んでいるのにもかかわらず26円台にも乗せられませんしねぇ・・・

まあ目先の対策ではこのあたりが限界なのかもしれません。
財政健全化に本腰を入れて取り組まない限り、この負のサイクルから抜け出すことは容易ではないでしょう。
インフレ抑制までの道のりは長く険しいものになりそうです。

緊急会合効果はいつまで続くのか


トルコ・リラ続伸、連日の予定外経済会合で中銀行動に期待
トルコの通貨リラは10日の取引で続伸。前日に続き予定外の経済担当当局者らの会議が開かれることが分かり、中央銀行が下落に歯止めをかける措置を講じるとの期待が高まった。
参照元:ブルームバーグ


9日からいろいろやってますけど、最終的には利上げしかないでしょうねぇ。
まあその前に、財政政策と金融政策の歩調が合っていることが前提ですけど。

ドル高がやや抑制されました


【NY外為】ドル下落、米CPIの伸び予想下回る-ポンドも安い
10日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ブルームバーグのドル指数は3月21日以降で最大の下げとなった。米消費者物価指数(CPI)の伸びが予想を下回ったことが手掛かり。インフレが4月に鈍化したことで、金融当局に対する利上げ加速の圧力が緩和されそうだ。
参照元:ブルームバーグ


それほど弱い数字ではなかったと思うのですが、市場はドル売りで反応、債券利回りは低下しました。
ドルインデックスも一休みな感じで、横ばい状態が続いてます。

もし予想が上振れしていたら、会合効果も虚しくトルコリラは相当下押ししていたかも。
来週もドル次第の動きになってしまうのでしょうね。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


更新を休んだ水曜日は86円、そして昨日のスワップは85円でした。

なかなか良い付与レベルを維持し続けています。
この水準なら今週は再び週給2万円台が狙えそう、今日の付与次第になりますね。

いろいろありながらも今週も最終日まできました。
最後まで粘り切ってくれ頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

昨日は一日中都内をふらふらしてました。
休日を大いに満喫できたたのは良かったのですが、スケジュールの関係でパディントン展に避ける時間が少なくなってしまったのが惜しまれます。
もっとゆっくり見たかった ><
参照:BUNKAMURAミュージアム

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

エルドアン大統領 「米国との関係は投資と貿易で強化される」 2018/09/20
日本とトルコの経済連携協定 協議は合意に向けて終盤に入っている模様 2018/09/19
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは36.0に到達 2018/09/18
米国 更なる対中追加関税 今夜にも発表か? 2018/09/17
リラ円18円台乗せで含み損は減少 トルコリラ運用の週間まとめ 2018/09/16

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!