記事一覧

首脳会談は穏便に終了 リラに大きな動きなし

昨日のニュースの続報ですが、会談は概ね成功だったようですね、双方の主張を尊重する形で穏便に終了した模様です。
リラに大きな影響は出ず、ただ対円のほうでは、ドル円のリスクオフにやや押される形で推移中。

米・トルコ首脳が会談、堅固な関係を強調
[ワシントン 16日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は16日、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)と戦うクルド人民兵組織に武器を供与する米政府の決定を巡り両国の緊張が高まっていたものの、両首脳は会談後の共同記者会見で両国の堅固な関係を強調した。
トランプ大統領は「米国とトルコはすばらしい関係を築いており、今後さらに良くなる」とし、「われわれの関係が打ち負かされることはない」と語った。
エルドアン大統領も両国の関係は「際立っている」と強調したうえで、今回の訪米が「歴史的な潮の変わり目」になるとした。
参照元:ロイター



TRY/USD(日足)
対ドルの方は順調に推移してます、昨日も陽線をつけてくれました。
トリプルボトム完成なるか!
tryusd_2017_5_17.jpg

TRY/JPY(日足)
対円の方は、ドル円の動きに大きく影響を受けてしまいました。
また微妙な位置に戻ってきてしまいましたね。
tryjpy_2017_5_17.jpg

円買戻しの原因はこれです。

今日の為替市場ポイント:トランプ政権の不確実性への懸念がリスク選好のドル買い抑制も
16日のドル・円相場は、東京市場では113円80銭から113円25銭まで下落。欧米市場ではドル・円は112円93銭まで下落し、113円12銭で取引を終えた。
本日17日のドル・円は113円前後で推移か。トランプ政権の不確実性に対する懸念が残されており、目先的にリスク選好的なドル買い・円売りは抑制される可能性がある。
トランプ大統領は16日、「大統領として私はロシアとテロリズムや航空機の飛行の安全性に関する事実を共有したかった。私にはそうする絶対的な権利がある」とツイッターに投稿した。トランプ大統領は、過激派組織「イスラム国」との戦いでロシア側の取り組み強化を促すために機密情報を共有したことを正当化させたいようだ。
参照元:ヤフー



昨日もスワップは91円でした。
でも急激に円高が進んだので、週を通しての90円台は微妙な感じになってきましたね、今日は80円台かも (ノ_<)

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは36.5に到達 2018/10/23
エルドアン大統領がサウジ記者死亡事件について詳細な説明をする模様 2018/10/22
制裁解除への期待でリラ円は20円台まで上値を伸ばす トルコリラ運用の週間まとめ 2018/10/21
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/10/21
トルコリラ円は19円台後半でクローズ 2018/10/20

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!