記事一覧

トルコも貿易戦争に参加 米国に対し報復関税を発動

今日のトルコリラも小康状態が続いています。

すでに昨日あたりから、あまり取引されてない感じでしたしねぇ。
月曜日の爆発に向けて、もう準備は整ったというところなのでしょうか。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_06_22.jpg

昨日はポンドが激しい動きをしていましたけど、リラにはさほど影響なしでした。

それにしても、ぜんぜん動きませんね。
嵐の前の静けさといったところでしょうか。

もうこうなってしまっては、座して週明けの反応を待つしかないですね。
はたして市場はリラに対して、どのような評価を下すのでしょうか。

トルコも米国に対して報復関税を発動


トルコ、対米報復関税を表明 2.6億ドル規模
【イスタンブール=佐野彰洋】トルコのゼイベクジ経済相は21日、米国から輸入する石炭、自動車、ウイスキーなどに2億6650万ドル(294億円)規模の報復関税を発動すると表明した。米国による鉄鋼・アルミニウム輸入制限への対抗措置。ロイター通信に語った。
参照元:日本経済新聞


鉄鋼アルミニウムの輸入制限は全世界に対して発動させてしまっているので、今後も報復措置に参加する国はポツポツと増えていくでしょうね。

トルコ議会選挙の行方


トルコ議会選挙で与党過半数割れなら連立政権樹立の公算=大統領
[イスタンブール 21日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領はラジオとのインタビューで20日遅く、与党・公正発展党(AKP)が24日の議会選挙で過半数を獲得できなければ、連立政権を樹立する可能性があると述べた。
参照元:ロイター


なんでもありの選挙に持ち込むことが難しい状況なんでしょうか?
エルドアン大統領にしてはやや弱気な発言ですね。

どのような結末であれ、次期政権は早々にトルコの財政立て直しに取り組んでほしいですねぇ。

7月も大荒れの予感


トランプ政権一部当局者、関税発動前の米中協議再開図る
ホワイトハウスの一部当局者が中国との貿易戦争回避のため、7月6日の対中関税発動前に同国との協議再開を目指している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。ただ米政権内の強硬派との対立は必至だ。
参照元:ブルームバーグ


お互いの報復措置が発動してしまう公算が強くなってきましたね・・・
7月の相場は大荒れになる予感がします。
米国の金利がピークアウトするのは早まるかもしれません。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは87円でした。

いつものようにガクッときませんでした。
今週は高レベルの付与を保ち続けてます。

月~火 86円
水~木 87円
金~日 ?

レートも動いてませんし週末も同レベルの付与が期待できそう。
このままの推移なら週給2万円台は固そうです。

最終日だ最後まで粘り切ってくれリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トランプ大統領が口先介入 強いドルを牽制 2018/07/20
原油価格の高騰は必至か 日本の石油元売り企業もイラン産原油の輸入停止に動く 2018/07/19
パウエル議長の証言を材料にリスクオンが進む トルコリラ円も23円台の半ばまで上値を伸ばす 2018/07/18
報復関税は不当と米国がWTOに提訴 トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは35.1に到達 2018/07/17
トルコが正常化へ一歩前進 クーデター未遂事件から二年を経過しようやく非常事態宣言が解除されます 2018/07/16

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!