記事一覧

トルコリラ急落の要因になったイラン制裁が再開

今日のトルコリラも重苦しい推移が続いていますね。
相変わらず政府と中銀からは何の声明もなし、緊急利上げのタイミングでも計っているのでしょうかね?

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_08_07.jpg

これだけ売られてもほとんどリバウンドは見られず。
逃避だけで新たな買いはほとんどないのでしょう。

それにしても酷いチャートです。
まあこれだけ悪材料が満載では、いたしかたなしか・・・

イラン制裁再開


トランプ大統領、イラン制裁を一部再開-貴金属や車対象
イラン核合意からの離脱に伴う米国の対イラン制裁再開の第1弾が7日、発動した。経済的・政治的圧力が強まる中、ロウハニ大統領は前日、「前提条件なしに」会談する可能性があるとのトランプ米大統領の呼び掛けをはねつけていた。
参照元:ブルームバーグ


この制裁措置を受けてイランの通貨リアルは年初から三分の二の価値を失う大暴落となっています。
米国はイランとの取引を続けた国にも制裁を示唆。

すでにトルコは制裁に同調せずの姿勢を表明済み。
第二段の制裁(11月に石油)がはじまるタイミングで再び緊張が高まる恐れがあります。

ただイラン産の原油を市場からすべて排除することなんてできるのでしょうかね?
他国での代替がそう簡単に進むとは思えません、原油価格の上昇は必至でしょう。

資本の流出は止まらず


トルコ:通貨リラと国債下落、IMF救済や資本統制の観測も
トルコでは通貨リラと国債相場が下落する中で、国際通貨基金(IMF)による救済や資本統制の観測が浮上している。
リラ相場が過去最低に沈み米国が制裁を科す中でも、中央銀行と政府はおおむね沈黙を守っている。リラは6日に約10年ぶりの大幅安となり、7日も一時下落。10年物国債利回りは20%を超えて過去最高を記録した。
参照元:ブルームバーグ


ばらまきによって膨張し続けたトルコ企業の外貨建て債務がいつ爆発するかでしょうね。
まあでも支援を要請するしない前に、できること(さらなる引き締め)はやらないとまずいでしょう。

今のところ支援の要請はしていないようです。
IMFの回答。



トルコと米国の協議が本日(8/8)行われます


トルコ、米国に外務次官率いる代表団派遣 8日協議開始
[アンカラ 7日 ロイター] - トルコ外務省関係筋は7日、トルコが米国に派遣する訪問団はこのほど就任したセダト・オナル外務次官が率いることを明らかにした。
参照元:ロイター


両国にとって前向きな結果になることを期待します。
協議が良い結末になるようなら、緊急利上げなどもかぶせていけばリラの上昇に相乗効果が生まれそうですけど、はたして・・・

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは86円でした。

ここまでの推移
月~火 86円

このペースでいったら、本当に買い増しレバは限りなく1に近付きそうです。

このレートでこの付与レベルを維持できるのはある意味脅威ですね・・・

今日も耐えてくれ粘るのだリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコ 貿易赤字5.2%減(1~9月 前年同期比) 2018/11/14
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは36.8に到達 2018/11/13
トルコピンチ サウジなどの産油国が減産を示唆 2018/11/12
リラ円は往って来いでフィニッシュ トルコリラ運用の週間まとめ 2018/11/11
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/11/11

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!