記事一覧

FOMC議事録公開 次回会合では追加利上げの確率が高そうです。

昨夜はFOMC議事録(5月会合)が公開されましたが、やっぱり追加利上げの可能性が高そうですね。
来月の会合予定日は15日、トルコの失業率、政策金利発表も同じ日程です、蓋を開けるまで何があるかわかりませんが重要な一日になりそう。

FOMC議事録:追加利上げ「近く」適切に-資産縮小計画も支持
米連邦準備制度理事会(FRB)が24日公表した5月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合議事録によると、大部分の当局者はもう一段の利上げが「近く適切になる」と判断。また4兆5000億ドル規模の当局のバランスシートを緩やかに縮小させる計画を支持した。
議事録では、「大部分の参加者は、経済に関して入手する情報が予想とおおむね一致した場合は、政策緩和の解除をさらに一歩進めるのが近く適切になると判断した」と記された。 
早ければ6月会合での利上げも示唆されるが、投票権を持つメンバーらは、最近見られる経済活動の減速が一過性のものだという証拠を待つのが「賢明だ」とも指摘した。
FOMCは5月開催の会合で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標のレンジを0.75-1%で据え置くことを決定した。 
参照元:ブルームバーグ



米国の方は利上げ確率が高そうなので、ドル円の円安基調は緩やかに続きそうです。
リラの方は6月9日に発表されるインフレ率次第でしょうね。
もう外堀の利上げだけではインフレは止まりそうもありません、次回の会合ではついに本丸を動かすのでしょうか。
ドイツ自らのユーロ安すぎる発言は緩和解除へのGOサインだと思います、もし隣国ユーロの通貨高が進むようなら、トルコ国民にとって、これ以上の通貨安は厳しいでしょうね。
はたしてエルドアン大統領は、この難局をどのように乗り切っていくのか。

最後はスワップレベルついて。
昨日は91円でした。
今週も91円、90円、91円と順調に90円台を推移しています。
100円の壁をこえたらレバ1には微妙に足りませんが、10日に一回の買い増しペースに移行するかも。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコが正常化へ一歩前進 クーデター未遂事件から二年を経過しようやく非常事態宣言が解除されます 2018/07/16
落胆続きの一週間でした トルコリラ運用の週間まとめ 2018/07/15
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/07/15
トルコ格下げ 見通しはネガティブ BB+ → BB (フィッチー・レーティングス) 2018/07/14
トリプル安が止まりません 厳しい状況が続くトルコ 2018/07/13

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!