記事一覧

リスクオフ相場の最中、リラが粘りをみせています

突然降って湧いたようなリスクオフ相場ですけど、リラは意外と粘ってますね。
ドル円のドル売りが強かった影響でしょうけど、一頃よりはつられて売られないだけやや進歩なのか。

TRY/USD(日足)
※赤いラインがネックライン
ネックライン付近がこのままサポートになってくれれば良いのですが。
明日のイベントラッシュをどう凌ぐかですね。
tryusd_2017_06_07.jpg

明日のイベント一覧です。

・(ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表 20:45
・イギリス総選挙 投票時間は6月8日の午前7時か~午後10時(日本時間:8日午後3時~9日午前6時)
・コミー前FBI長官の議会証言 何時ごろかググるもわからず

明日はまずこれで大きな動きがありそう。
米国に続きユーロ圏も出口が見え始めたようです、新興国にとってはこれからが正念場ですね。

ECB、8日の政策委で最新経済見通し公表-FOMCは来週開催
ユーロ圏経済は今年、力強いスタートを切った。米経済より好調だが、それはまた、米国の弱さというよりもユーロ圏の回復が出遅れた状況を物語っている。
ユーロ圏の景気改善が続くとの見通しから、ユーロはドルに対し約半年ぶりの高値で推移。だがユーロ圏と米国の経済は全く異なる段階にある。ほぼ途切れることのない成長が8年続いた米国では連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを始めているが、19カ国から成るユーロ圏では欧州中央銀行(ECB)がようやく刺激策の縮小について議論し始めたところだ。
参照元:ブルームバーグ



世論調査は拮抗してるようです。
ハードブレグジットの場合は激しいポンド売りになりそう。

「ハードブレグジットは止められるか!?英国総選挙と為替市場」コンテンツ公開のお知らせ
世界が注目する今回の英国総選挙。現地時間6月8日の投票を前に、当社では選挙結果による為替相場への影響、そしてEU単一市場からの脱退など「ハードブレグジット」実現の方向性について識者の意見をうかがったコンテンツ「ハードブレグジットは止められるか!?英国総選挙と為替市場」を公開いたしました。
参照元:外為どっとコム



何時ぐらいに証言が行わるのかわかりませんけど、日本との時差は13時間ぐらいなのでたぶん深夜でしょうね。
イギリスも投票が行われている最中ですから、どのような動きになるかまったく予想できません。

コミー前FBI長官、踏み込んだ証言控える公算 8日に公聴会
[ワシントン 6日 ロイター] - 関係筋によると、トランプ米大統領に解任されたコミー前連邦捜査局(FBI)長官は8日の議会証言で、大統領選中のトランプ陣営とロシアの癒着疑惑への捜査に関し、トランプ氏が妨害を試みたと主張することは控える公算が大きい。
コミー氏は5月9日の解任後初めて公の場で発言する。証言はロシア疑惑解明の節目となる可能性もあり、注目度が高い。
参照元:ロイター



最後にスワップレベルについて。
昨日は93円でした、31円付近を保てれば今週も90円台で逃げ切れるかも。
それにしても、今日はぜんぜん動きませんね、嵐の前の静けさのようで不気味です。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

また最安値を更新 トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは34.3に到達 2018/05/22
米中貿易戦争への懸念が和らぐ 週明けはリスクオンでスタート 2018/05/21
トルコリラ円は再び過去最安値を更新 トルコリラ運用の週間まとめ 2018/05/20
トルコリラ複利運用 2018年 成績の推移 2018/05/20
トルコ 米鉄鋼・アルミニウム輸入制限に対しての報復措置を発表 2018/05/19

人気記事

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

豆腐メンタル

Author:豆腐メンタル
低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!