記事一覧

北朝鮮の建国記念日(9/9)です さらなる挑発はあるのか?

北朝鮮の有事リスクを警戒したまま今週も終わってしまいましたが、はたして本当に、さらなる挑発行動はあるのでしょうか?
週末の動き次第で、来週の相場の流れも決まりそうです。

北朝鮮 建国記念日に「核強国に上りつめた」
北朝鮮は9日、建国記念日を迎え、国営メディアを通じて、「わが国は原爆、水爆、ICBM=大陸間弾道ミサイルを保有する核強国に上りつめた」として、核・ミサイル開発の進展ぶりを誇示し、アメリカ・トランプ政権への対決姿勢を強調しました。
参照元:NHK


いまのところ国内メディアを通じて国威を発揚してるだけですね、ミサイル発射などの挑発的な行動は、まだありません。

北朝鮮 きょう建国記念日 各国が追加挑発を警戒
北朝鮮は9日、建国記念日を迎え、「ICBM=大陸間弾道ミサイルに搭載する水爆の実験」と称して強行した6回目の核実験を重ねて誇示すると見られ、記念日当日に合わせた弾道ミサイルの発射など追加の挑発に、各国は警戒を強めています。
参照元:NHK


でも、この週末を無難に通過したとしても、根本的な問題が解決するわけではありませんしね・・・
市場のほうも、まだまだ方向感が出づらいかもしれません。

北朝鮮問題をロシアの立場から考える 過去の取材ノートを手がかりに
世界情勢をみるとき、日本のメディアは欧米の視点に引きずられがちだ。それもそのはず。日本の報道機関が頼るのは、ロイターやAPなど、欧米系の通信社が多いからだ。
参照元:ハフィントンポスト


たしかにこれだけ事が長引くと、ロシア側から見た視点も重要かもしれません。
たとえ対話の段階に移ったとしても、すんなりいかないような気がしますが、現状よりは進展しそうな気がします。
六か国協議を再開して、詳細に権利の線引きをしていくしかないような気がしますね。

田原氏提案「冒険」は首相訪朝
ジャーナリストの田原総一朗氏が7月に安倍晋三首相と面会した際に提案した「政治生命を懸けた冒険」は、北朝鮮核問題に関する6カ国協議の再開に向けた首相自らの訪朝だったことが8日、分かった。田原氏が7日に開かれた自民党有志議員会合で明かした。
参照元:ロイター


まあ訪朝はないとしても、首相も六か国協議には関心があるようです。

最後はスワップレベルについて。
昨日は三日分のスワップが付与されて285円でした。
一日あたりにすると95円ですね!
週を通して90円台を揃ええることができました、これで今週も週給2万円台は確実です( ^ω^ )

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トルコ債券市場 来年は好転か? 2020/10/22
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは50.0に到達 2020/10/21
サウジアラビアのトルコ製品不買運動が深刻化してきました 2020/10/20
北キプロス大統領選挙 親トルコの候補者が現職を破り当選 2020/10/19
また最安値を更新(6週連続) トルコリラ運用の週間まとめ 2020/10/18

人気記事

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!