記事一覧

トルコ失業率 雇用支援終了でやや悪化

今日のリラはヨコヨコ。
上値の重い状況は変わらず。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2021_09_16.jpg

全体的にヨコヨコ。

円が少し強めでしょうか。

「今日の重要指標」
07:45 ニュージーランド 4-6月期四半期国内総生産(GDP)(前期比)
07:45 ニュージーランド 4-6月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)
21:00 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
21:30 アメリカ 8月小売売上高(前月比)
21:30 アメリカ 8月小売売上高(除自動車)(前月比)


トルコ失業率 雇用支援終了でやや悪化


トルコ7月失業率、12%―政府の雇用支援終了で3カ月ぶり上昇
トルコ統計局が10日発表した7月失業率(季節調整後、15歳以上)は12.0%と、6月の10.6%を1.4ポイントも上回り、3カ月ぶりに上昇に転じた。これは政府の新型コロナのパンデミック(世界的大流行)対策である一時帰休者への給与支援制度などが7月に終了したため。
参照元:モーニングスター


若年層の失業率は高止まりしたままですが、全体的には回復傾向が続いています。

コロナの再拡大を防ぐことができれば、このままじわりじわりと改善が進むのでは。

大統領の利下げ圧力が高まる


FX「嗚呼。騰落率で見るリラの弱さ」トルコリラの焦点
トルコリラは年初来で最もパフォーマンスが低い通貨のひとつだ。コロナ禍以降、トルコ経済は回復途上にあるが、通貨リラの戻りは鈍い。最大のネックは中銀の独立性に対する不透明感だろう。
参照元:外為どっとコム


>そもそも、エルドアン大統領は「高金利がインフレを招く」と、経済学の常識とは正反対の主張を展開しており

大統領の思想がどうであれ、中銀の独立性がしっかりと担保されていれば、それほど大きな問題にはならないと思うのですけどねぇ・・・

現状のトルコは、集権的大統領制の弊害がもろに出てしまっています。

関連記事

ポスト・エルドアンへの胎動――権力独占と機能低下
参照元:IDEスクエア

トルコ揺らぐ民主主義 大統領の強権化、国論を二分
参照元:日本経済新聞

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは164円でした。

「スワップの推移」
月 41円
火 41円
水 164円(4日分)
木 ?

今日も粘ってくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

トルコ ついに資本規制に足を踏み入れてしまったのでしょうか 2022/06/25
トルコ中銀会合 現状維持で通過 2022/06/24
穀物出荷問題でロシアとトルコが合意 2022/06/23
トルコ中銀会合 市場は据え置き予想 2022/06/22
ECB総裁 利上げを明言 2022/06/21

人気記事

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!