記事一覧

トルコのインフレ さらなる悪化への見通しが強まる

今日のリラもヨコヨコ。
小康状態が続きます。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2022_01_11.jpg

ストレート、クロスともにヨコヨコ。

上値の重い状況は変わらず。

「今日の重要指標」
16:00 トルコ 11月経常収支
24:00 アメリカ パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


11月の経常収支はマイナス予想です。

トルコのインフレ さらなる悪化への見通しが強まる


FX「インフレ55%予想も。あの手この手が効かなくなってきた。やはり正攻法が重要」トルコリラ見通し
JPモルガンは、トルコの消費者物価上昇率は5月までに55%に急上昇し、11月まで50%前後にとどまる可能性があるとした。
 ゴールドマンサックスは、2022年の大部分で40%を超えると予想した。
12月のインフレ36%が発表されて以来、エコノミストは中銀に緊急利上げを実施するよう求めている。
参照元:外為どっとコム


>「介入」、「特別リラ預金」、「金をリラへ換金する時にインセンティブを与える」、「輸出業者は受け取った外貨の4分の1をリラに換える」などの政策が効かない

介入以外は、基本的に国民へのお願いなので、政府への信頼が大きく揺らいでいる今の状況では、なかなか思い通りの結果には結びつきづらいでしょうね。

関連記事

IMFが新興国ショックの可能性に言及
参照元:iFOREX

今年の米国は利上げラッシュか


年内4回の米利上げ観測、始まりにすぎないか-一段の急ピッチに警戒
米金融市場では、連邦準備制度が年内に0.25ポイントずつ4回の利上げに踏み切るとの観測が高まっている。だが、これまでの市場の動向を踏まえると、一段と急ピッチの金融政策引き締めのリスクに対しても、トレーダーが近く守りを固めようとする可能性がありそうだ。
参照元:ブルームバーグ


>オプショントレーダーは24年の早い時期までに8回の0.25ポイント利上げの可能性を示唆し、6回前後としていた従来見通しから回数を増やしている

このペースで利上げされてしまったら、トルコを含め、新興国の先行きはかなり厳しくなりそう。

今夜のパウエル議長の発言(公聴会)には要注意です。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは26円でした。

「スワップの推移」
月 26円
火 ?

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

米国株式市場が急落 2022/05/19
家賃の上昇ぶりに困惑するトルコ国民 2022/05/18
北欧2国のNATO加盟にトルコが不支持を再表明 2022/05/17
トルコ 失業率が悪化 2022/05/16
リスク回避の動きが強まる トルコリラ運用の週間まとめ 2022/05/15

人気記事

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!