記事一覧

トルコ インフレの加速傾向は変わらず

2月のCPIは予想より上振れでした。
やはりの結果で、リラは弱めに推移中。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2022_03_04.jpg

ウクライナ情勢の緊迫化を受けてリスクオフムードが高まっています。

午前の日経平均は急落、ウクライナ原発火災でリスクオフ
参照元:ロイター

ロシアが原発を標的にした攻撃を行った模様。

「今日の重要指標」
21:00 ブラジル 10-12月期四半期国内総生産(GDP)(前期比)
21:00 ブラジル 10-12月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)
22:30 アメリカ 2月非農業部門雇用者数変化(前月比)
22:30 アメリカ 2月失業率
22:30 アメリカ 2月平均時給(前月比)
22:30 アメリカ 2月平均時給(前年同月比)


トルコ インフレの加速傾向は変わらず


トルコCPI、2月は前年比+54.44% 20年ぶり上昇率
[イスタンブール 3日 ロイター] - トルコ統計局が3日発表した2月の消費者物価指数(CPI)は前年比54.44%上昇で、2002年以来約20年ぶりの大幅な上昇となった。昨年末のリラ急落と商品相場高が影響し、予想以上の伸びを示した。
参照元:ロイター


>トルコの中央銀行は1月、インフレ率が5月ごろにピークを迎え、55%程度まで上昇するとの見通しを示した

この見通しは、ウクライナ危機が世界経済に及ぼす影響を、ぜんぜん織り込んでいないような・・・

関連記事

原油先物が反発、ウクライナ情勢巡る供給懸念で
参照元:ロイター

小麦先物が14年ぶり高値、ウクライナ侵攻で供給懸念広がる
参照元:ブルームバーグ

米国の軍事支援 次なる展開への根回しか


米国務副長官、4日からトルコなど5カ国歴訪 ウクライナ問題も協議
[ワシントン 3日 ロイター] - 米国務省は3日、シャーマン副長官が3月4─11日に、トルコ、スペイン、モロッコ、アルジェリア、エジプトを歴訪すると明らかにした。
参照元:ロイター


>特にトルコ・スペイン当局者らとの協議では、ロシアによるウクライナ侵攻が主要議題の一つになるという。

米国の次なる行動は、どのような一手になるのでしょうか。

関連記事

アメリカはウクライナ軍事支援を検討中
参照元:ニューズウィーク日本版

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは22円でした。

「スワップの推移」
月 21円
火 21円
水 66円(3日分)
木 22円
金 ?

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

米国の利下げ後ずれ観測が強まる トルコリラ運用の週間まとめ 2024/04/21
トルコリラ複利運用 2024年 成績の推移 2024/04/21
シムシェキ財務相 金融政策は機能していると発言 2024/04/20
トルコ 中期的な経済強化のプログラムを近く公表へ 2024/04/19
ドル円相場 協調介入の可能性 2024/04/18

人気記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!