記事一覧

エルドアン大統領とプーチン大統領 会談のためイランに旅立つ

最終日のリラはヨコヨコ。
ドルの勢いが少し落ちていました。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2022_07_16.jpg

ドルの勢いが落ちて、ユーロが少し復活。

リラは相関の範囲の動きが続きました。

エルドアン大統領とプーチン大統領 会談のためイランに旅立つ


ロシア・トルコ両大統領が出席する2つの重要会議がテヘランで実施
トルコ・アンカラに駐在するイランのファラーズマンド大使が、テヘランにおいてロシアのプーチン大統領およびトルコのエルドアン大統領が出席する2つの重要会議が開かれることを明らかにしました。
参照元:ParsToday


穀物輸出に関する問題に進展があることを期待します。

まあでも、この3国による会談で、公にできる内容のものはほとんどないでしょうね。

関連記事

イランがロシアに無人航空機 数百機供与の準備との見方 米高官
参照元:NHK

バイデン氏が中東を訪問する中、イランは海軍のドローン部門を公開
参照元:ARAB NEWS

バイデン氏、サウジ皇太子と初会談 カショギ氏殺害巡り対立
参照元:ロイター

YCCの限界


アングル:日銀が異例の「減額措置」、金利と流動性両立へ YCCの限界示す
[東京 15日 ロイター] - 日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の軋みが顕在化している。市場から大量に買い入れた一部の国債で流動性が低下、日銀は「減額措置」という異例の対応で、市場に再び国債を供給している。市場は需給改善につながると好感しているが、返却されるはずの国債を市場に残す形で金利維持と流動性確保の両立に取り組む状況は、政策の限界的症状を示すとの指摘も多い。
参照元:ロイター


>しかし「日銀が買い入れた国債を日銀自ら市場に戻し、次回以降の国債買い入れの原資としているようなものだ」(アナリスト)との見方もでき、「YCC政策の限界を示している」(国内証券)との声もある

物価を安定させることよりも、異次元緩和の副作用に対処するだけで精一杯って感じですね。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日は付与がありませんでした。

「スワップの推移」
月 20円
火 100円(5日分)
水 付与なし
木 20円
金 付与なし

合計:140円

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

エルドアン大統領 追加の利下げを要求 2022/09/29
リスクオフムード強し 利上げへの懸念が強まる 2022/09/28
トルコ外相 ウクライナ戦争について語る 2022/09/27
IMF 円の不安定な動きを注視 2022/09/26
大荒れの一週間でした トルコリラ運用の週間まとめ 2022/09/25

人気記事

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!