記事一覧

米国がロシアの港湾攻撃を非難

今日のリラも低調さは変わらず。
じわりじわりと売られ続けています。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2022_07_26.jpg

ストレート、クロスともに弱いです。

対ドルでは次の大台(18.0)が見えてきました。

「今日の重要指標」
アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
08:50 日本 日銀・金融政策決定会合議事要旨
23:00 アメリカ 6月新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 アメリカ 6月新築住宅販売件数(前月比)


米国がロシアの港湾攻撃を非難


オデーサ港攻撃、米が非難「国連とトルコの仲介を妨害」「ロシアが合意履行するか疑問」
【キーウ=森井雄一、ワシントン=横堀裕也】ロシア国防省は24日、ウクライナ南部オデーサ港を23日にミサイル攻撃したと発表した。ロシアは、ウクライナ産穀物の輸出停滞を巡り、22日に国連、トルコ、ウクライナと、オデーサなど3港からの海上輸送再開に合意したばかりだったが、今回の攻撃は軍事施設を標的にしたと主張し、正当な攻撃だったと訴えた。
参照元:読売新聞


>「黒海の封鎖を通じ、世界を飢餓に追い込んでいる」とも指摘し、食料危機の責任はロシアにあると改めて強調した

合意した翌日に攻撃ですから、このような厳しい指摘が出るのは、あたりまえかと。

ロシアの指揮系統に混乱でも生じているのでしょうかねぇ・・・

関連記事

ウクライナ、週内の穀物輸出再開望む 先週の合意受け=当局者
参照元:ロイター

対ロシア制裁の解除要求 トルコと穀物輸出の安全確保―ラブロフ外相
参照元:時事通信社

引き締め期間の長期化を予想


FRBの利上げは長期化、モルガンS-JPモルガンは政策転換を予想
ウォール街のトップストラテジストらの間では、低調な経済指標が米金融政策見通しに及ぼす影響、およびそれが株式にとってどのような意味を持つのかを巡って、意見が分かれている。
参照元:ブルームバーグ


>一方、JPモルガン・チェースのストラテジストはインフレがピークに達したとの見方から、米金融当局の政策転換につながり、株価の状況は今年後半に改善すると分析した。

長期化予想もわかりますが、こちらの確立のほうが高そうな。

リーマンショック時のQEしかりで、米国はやりだしたら、いつもとことんやるので、立ち直りは早いような気がします。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは20円でした。

「スワップの推移」
月 20円
火 ?円


さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

エルドアン大統領 追加の利下げを要求 2022/09/29
リスクオフムード強し 利上げへの懸念が強まる 2022/09/28
トルコ外相 ウクライナ戦争について語る 2022/09/27
IMF 円の不安定な動きを注視 2022/09/26
大荒れの一週間でした トルコリラ運用の週間まとめ 2022/09/25

人気記事

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!