記事一覧

リスクオフムード強し 利上げへの懸念が強まる

今日もリスクオフムード強し。
為替市場はドル主導の流れが続いています。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2022_09_28.jpg

ドル強し。

パイプラインが破壊工作を受けた可能性が浮上しており、ユーロが弱くなっています。

「今日の重要指標」
08:50 日本 日銀・金融政策決定会合議事要旨
16:15 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
23:00 アメリカ 8月住宅販売保留指数(前月比)
23:00 アメリカ 8月住宅販売保留指数(前年同月比)
23:15 アメリカ パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


リスクオフムード強し 利上げへの懸念が強まる


【米国市況】S&P500は6日続落、利上げ懸念続く-ドル144円台後半
27日の米株式市場ではS&P500種株価指数が6営業日続落。ボラティリティーが高く上昇する場面もあったが、複数の米金融当局者がインフレとの闘いで積極姿勢を続ける決意を示したことから、下げて終了した。ドル・円相場は小幅上昇し、144円台後半。
参照元:ブルームバーグ


>市場は「次から次に出てくるショック」に対処しており、完全回復できていない状況だと指摘

やはり戦争が及ぼす影響が一番に気になるところ。

核の使用などという最悪の事態が起こらなければよいのですが・・・

パイプラインを破壊したのは誰なのか


ノルドストリームガス漏れは破壊工作、断固たる対応取る=EU委
[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州委員会のフォンデアライエン委員長は27日、ロシアと欧州を結ぶ天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」と「ノルドストリーム2」で発見されたガス漏れは破壊工作によるものだとし、欧州のエネルギーインフラが攻撃された場合には「可能な限り強力な対応」を取るとした。
参照元:ロイター


>意図的な行為によるものとの認識を示した

たぶんこの破壊工作も、エネルギーを武器として利用しているロシアの駆け引きの一環なのでは。

関連記事

イタリア議会選挙 右派勝利 EUに批判的政権発足で結束に影響も
参照元:NHK

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは23円でした。

「スワップの推移」
月 22円
火 23円
水 ?円(3日分)

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

タンカー渋滞問題はトルコの先走りが原因か 2022/12/10
トルコ沖のタンカー渋滞 未だ解消せず 2022/12/09
タンカー渋滞問題 トルコと欧米当局が協議 2022/12/08
トルコ沖でタンカーの渋滞が発生 2022/12/07
トルコ インフレに鈍化の兆し 2022/12/06

人気記事

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!