記事一覧

トルコ与党 今後の経済政策を巡り見解が分かれる

今日もドル強めの推移が継続中。
債務上限問題に合意の目途が立ってきたようで、ドル高に拍車がかかっている模様。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2023_05_26.jpg

ドル全面高の様相となっています。

リラはドルに対して、大台突破(20.0)が近づいてきました。

〔マーケットアイ〕外為:ドル139.40─140.80円の見通し、半年ぶり高値圏で底堅い
参照元:ロイター

「今日の重要指標」
21:30 アメリカ 4月個人消費支出(PCEデフレーター)(前年同月比)
21:30 アメリカ 4月個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
21:30 アメリカ 4月個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前年同月比)
21:30 アメリカ 4月耐久財受注(前月比)
21:30 アメリカ 4月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比)
23:00 アメリカ 5月ミシガン大学消費者態度指数・確報値


トルコ与党 今後の経済政策を巡り見解が分かれる


トルコ与党、経済政策巡り見解対立 一部で段階的利上げ論=関係筋
[アンカラ 24日 ロイター] - トルコ大統領選の決選投票を28日に控え、エルドアン大統領の与党・公正発展党(AKP)内で今後の経済政策について見解が割れている。
参照元:ロイター


>エルドアン氏は「金利の敵」を自任しているが、過去に経済危機に見舞われた際、正統派寄りの政策を採用したことがある

近年のインフレ亢進も、かなりの危機的な状況だったと思うのですが、まったくそのようなそぶりはなかったですからねぇ・・・

現在の独裁的な地位にあるエルドアン大統領に、過去の前例をあてはめることは、あまりに無理筋のような。

トルコ中銀会合 現状維持で通過


トルコ中銀、政策金利8.5%に据え置き インフレ基調は改善
[アンカラ 25日 ロイター] - トルコ中央銀行は25日、政策金利を8.5%に据え置いた。据え置きは3カ月連続で予想通り。

中銀は2月、甚大な被害を出した大地震後の経済を支援するため政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き下げた。
参照元:ロイター


>昨年、85%を超えたインフレ率は低下し、4月は43.7%だった

もう能天気にもほどがあるかと。

あれだけ酷かった前年と比べても、まだこれだけインフレが進んでいると考えたほうがいいような。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日は付与がありませんでした。

「スワップの推移」
月 30円
火 30円
水 120円(4日分)
木 付与なし
金 ?円

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

ドル円相場 介入への警戒感が高まる 2024/04/12
米CPI 予想上振れで通過 2024/04/11
トルコ イスラエルに輸出制限 2024/04/10
トルコリラ じわりと売り傾向に 2024/04/09
実質賃金 23ヵ月連続のマイナス 2024/04/08

人気記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!