記事一覧

市場はパウエル議長の議会証言に注目

週明けは静かなスタートとなっています。
リラ含め、全体的にヨコヨコ。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2023_06_19.jpg

全体的に先週末の水準を維持するような形でスタート。

今週のトルコは中銀会合を通過します。

はたして、どの程度の利上げ幅になるのでしょうか。

新経済チームのデビュー戦の結果やいかに。

「今日の重要指標」
23:00 アメリカ 6月NAHB住宅市場指数

米国は休場。

市場はパウエル議長の議会証言に注目


パウエル議長が議会証言へ、市場困惑させた見送りの説明に投資家注目
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が今週、議会証言に臨む。米金融当局は先週、ここ数十年で最も積極的な引き締めをいったん停止。投資家は当局者が追加利上げに傾いているかどうかの手掛かりを得ようと、議長証言を注視することになる。
参照元:ブルームバーグ


>利上げを実施しなかったことは、FOMCメンバーがより高水準のインフレへの許容度を高めているか、景気の底堅さへの信頼を欠いているかのいずれかであることを示唆する

まあ、どちらになるのか、本当にわかりずらい状況が続いますからねぇ。

金利の動向を左右する指標の結果が、もっとわかりやすい方向に動いてくれれれば、このようなジレンマに陥ることはないと思うのですが。

米中外相会談が終了


米中外相会談 台湾めぐり激しいやりとりか 中国外相訪米で一致
アメリカのブリンケン国務長官と中国の秦剛外相の会談が18日、北京で行われ、両国関係が冷え込む中、対話の継続を確認するとともに、秦外相がアメリカを訪問することで一致しました。ブリンケン長官は19日、中国の外交を統括する王毅政治局委員と会談する予定で、習近平国家主席とも会談を行うかが注目されます。
参照元:NHK


>両外相は対話を継続することを確認し、秦外相がブリンケン長官の招きに応じて双方が都合のよいときに首都ワシントンを訪問することで一致

双方の意見の隔たりは大きいのかもしれませんが、現在の難しい世界情勢を鑑みれば、対話の継続を約束できただけでも、大きな成果だったのでは。

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

米国の利下げ後ずれ観測が強まる トルコリラ運用の週間まとめ 2024/04/21
トルコリラ複利運用 2024年 成績の推移 2024/04/21
シムシェキ財務相 金融政策は機能していると発言 2024/04/20
トルコ 中期的な経済強化のプログラムを近く公表へ 2024/04/19
ドル円相場 協調介入の可能性 2024/04/18

人気記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!