記事一覧

トルコ中銀総裁 海外投資家との会合を開催

今日の為替市場は全体的に穏やかな感じに推移中。
リラもヨコヨコ。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2023_10_06.jpg

方向感がなく、小康状態が続いています。

今夜の米雇用関連指標の発表を控え、様子見姿勢が続いているのかもしれません。

NY外為市場=ドル下落、米債利回りの低下に追随
参照元:ロイター

ドルが大人しくなっています。

「今日の重要指標」
13:30 インド インド中銀政策金利(レポレート)
21:30 カナダ 9月新規雇用者数
21:30 カナダ 9月失業率
21:30 アメリカ 9月非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 アメリカ 9月失業率
21:30 アメリカ 9月平均時給(前月比)
21:30 アメリカ 9月平均時給(前年同月比)


トルコ中銀総裁 海外投資家との会合を開催


トルコ中銀総裁、就任後初の海外投資家会合を開催へ=関係筋
[アンカラ 5日 ロイター] - トルコ中央銀行のエルカン総裁は来週にマラケシュで開催される国際通貨基金(IMF)年次フォーラムに合わせ、6月の就任後初めてとなる海外投資家との会合を開く。関係筋が5日に明らかにした。
参照元:ロイター


この会合がきっかけとなり、上値の重いリラ相場を浮上させてくれると良いのですが。

YCCの再修正観測が浮上


日銀は長期金利上限を今月引き上げの可能性、指針変更も-門間氏
元日本銀行理事の門間一夫氏は、長期金利の上昇圧力が一段と強まれば、日銀が30、31日に開く金融政策決定会合では、現在1%に設定している上限を引き上げるイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)の再修正を行う可能性もあるとの見解を示した。フォワードガイダンス(政策指針)の変更もあり得るとみている。
参照元:ブルームバーグ


>ただ、個人消費は弱く、価格転嫁終了後の物価の持続的上昇に自信が持てない状況にあるとし、24年度と25年度は従来の1.9%、1.6%から大きく変わらないとみている

実質賃金が物価の上昇に追い付いてこないところも、頭の痛いところでしょうねぇ・・・

次期会合では難しい判断をせまられそうです。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは28円でした。

「スワップの推移」
月 28円
火 28円
水 112円(4日分)
木 28円
金 付与なし

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

米国の利下げ後ずれ観測が強まる トルコリラ運用の週間まとめ 2024/04/21
トルコリラ複利運用 2024年 成績の推移 2024/04/21
シムシェキ財務相 金融政策は機能していると発言 2024/04/20
トルコ 中期的な経済強化のプログラムを近く公表へ 2024/04/19
ドル円相場 協調介入の可能性 2024/04/18

人気記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!