記事一覧

米国 利上げ観測の後退で米債利回りが低下

今日は表題の件もあり、全体的にドルが弱くなっています。
リラはヨコヨコ。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2023_10_11.jpg

リラの精彩を欠く状況は変わらず。

ユーロが強くなっていることもあり、対ユーロのチャートが酷いことになっています。

「今日の重要指標」
15:00 ドイツ 9月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)
15:00 ドイツ 9月消費者物価指数(CPI、改定値)(前年同月比)
16:00 トルコ 8月経常収支
21:30 アメリカ 9月卸売物価指数(PPI)(前月比)
21:30 アメリカ 9月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)
21:30 アメリカ 9月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)
21:30 アメリカ 9月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比)
25:00 ロシア 9月消費者物価指数(CPI)(前月比)
27:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨


米国 利上げ観測の後退で米債利回りが低下


【米国市況】株続伸、利上げ観測後退で国債利回り低下-148円台後半
10日の米株式相場は3営業日続伸。米国債利回りは低下した。米金融当局者の発言を受けて、連邦公開市場委員会(FOMC)は再度の利上げ休止に向かっているとの観測が強まった。ニューヨーク原油先物は下落。前日には4月以来の大幅高となっていた。
参照元:ブルームバーグ


>金利スワップ市場が現在織り込む12月のFOMC会合での金利据え置き確率は約60%となっている。わずか1週間前には、同月までの追加利上げの確率が60%だった

こうもコロコロと情勢が変化している状況だと、今回の要人発言も何日維持できるかって感じではないでしょうか。

明日のCPIの結果で、再び一喜一憂が始まるような気も・・・

トルコのインフレ 政府発表と民間の調査結果は大幅に乖離


9月のCPI上昇率は前年同月比61.5%
トルコ統計機構(TUIK)の発表(10月3日)によると、9月の消費者物価指数(CPI)上昇率は、ほぼ市場予測どおりとなる前年同月比61.53%となった。他方、国内生産者物価指数(D-PPI)は47.44%にとどまった。
参照元:ジェトロ


>なお、中銀の発表と同時に発表された独立調査機関ENAグループの調査結果によると、9月のCPIは前月比6.24%増、前年同月比130.13%増の上昇とされ、政府発表からはなお大きく乖離している

独立機関の調査では、劇的に悪化しています。

トルコ国民がいくらインフレ慣れしているとはいえ、この水準はあまりに過酷すぎるような・・・

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは28円でした。

「スワップの推移」
月 28円
火 28円
水 ?円(3日分)
木 ?円
金 ?円

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

日経平均 4万円を突破 2024/03/04
株式市場の好調が続く トルコリラ運用の週間まとめ 2024/03/03
トルコリラ複利運用 2024年 成績の推移 2024/03/03
S&P500 最高値を更新 2024/03/02
トルコGDP(10-12月期) 前年比の伸びが減速 2024/03/01

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!