記事一覧

イスラエルとハマスの衝突 周辺国に拡大する恐れ

週明けの為替市場は静かにスタート。
株式市場はリスクオフムードが強くなっています。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2023_10_23.jpg

全体的にヨコヨコ。

株式市場の方がリスクを回避する動きが目立っています。

オセアニア、アジアは、全部下げている状況。

寄り付きの日経平均は続落、米株安の流れ引き継ぐ
参照元:ロイター

「今日の重要指標」
23:00 ユーロ 10月消費者信頼感(速報値)

イスラエルとハマスの衝突 周辺国に拡大する恐れ


イスラエル・ハマス戦闘激化、周辺国への拡大懸念高まる
[ガザ/エルサレム 22日 ロイター] - イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの衝突が周辺国に広がり、中東地域の紛争に発展する恐れが高まっている。

ガザの保健省は、イスラエルの空爆により過去24時間に117人の子供を含む266人のパレスチナ人が死亡したと発表した。
参照元:ロイター


>イスラエル軍はまた、北部の国境付近でレバノンの親イラン組織ヒズボラと交戦した

周辺国で親イラン派の武装組織の動きが活発化してきているのは、非常に嫌な兆候です。

関連記事

【イスラエル】米国務長官がイラン代理勢力に警告-支援第2弾搬入
参照元:ブルームバーグ

YCCの再修正論が浮上


日銀で金利操作の再修正論浮上、米引き締め長期化で-報道
日銀内でイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)の再修正論が浮上していると、日本経済新聞が22日付朝刊で報じた。

  米長期金利の上昇に伴い、国内の長期金利も上昇していることから、7月の金融政策決定会合で修正を決めた事実上の上限1%に近づいていることを理由に挙げている。今月末の決定会合で議論する見通しとしているが、賃上げ動向を見極めたいとの慎重論もあるという。
参照元:ブルームバーグ


>強靱(きょうじん)な経済成長の兆候がさらに見られた場合には追加利上げに動く用意がある

現状でもかなり厳しいですけど、まだ金利が上がるとなると、日本はいったいどうなってしまうのでしょうねぇ。

関連記事

8月実質賃金2.5%減 17カ月連続マイナス、減少幅は縮小
参照元:日本経済新聞

>賃上げ動向を見極めたい

コストプッシュ型のインフレで、中小全体に賃上げを期待するのは、かなり酷なことかと・・・

来年の春闘 連合要求の5%超賃上げ“中小企業は困難”日商会頭
参照元:NHK

日本企業全体の1%にも満たない大企業の賃上げを声高に叫んでも、中小の実態がこの有様では虚しいだけです。

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

シムシェキ財務相 金融政策は機能していると発言 2024/04/20
トルコ 中期的な経済強化のプログラムを近く公表へ 2024/04/19
ドル円相場 協調介入の可能性 2024/04/18
横ばい状態が続くトルコリラ 2024/04/17
トルコ 2月失業率 予想を下回る 2024/04/16

人気記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!