記事一覧

アルゼンチン次期大統領 中銀の廃止に交渉の余地なしと発言

今週の週明けも、為替市場は少しざわざわした感じでスタートしてますね。
全体的にドルが売られ気味となっています。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2023_11_27.jpg

ドルが弱めにスタート。

ドル円も先週末の水準より少し円高(149円台の前半)になっています。

リラの酷い状況は変わらず。

今週も売られ続けるようだと、対ドルのレートは、ついに大台(29.0)を突破してしまうのでは・・・

「今日の重要指標」
23:00 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
24:00 アメリカ 10月新築住宅販売件数(年率換算件数)
24:00 アメリカ 10月新築住宅販売件数(前月比)


アルゼンチン次期大統領 中銀の廃止に交渉の余地なしと発言


中銀廃止は「交渉の余地なし」=アルゼンチン次期大統領
[ブエノスアイレス 24日 ロイター] - アルゼンチンの大統領選で勝利した右派リバタリアン(自由至上主義者)のハビエル・ミレイ氏は24日、事務所がX(旧ツイッター)に投稿した声明で、大統領選で公約に掲げた中央銀行の廃止について「交渉の余地はない」と表明した。
参照元:ロイター


>ミレイ氏のリバタリアンは議会の議席数が限られている上、州知事も出していない

ハイパーインフレで苦しむ最中に、さらに政治の空白も重なってしまうようだと、アルゼンチン経済が受けるダメージは計り知れないものになってしまいそうな・・・

関連記事

アルゼンチン大統領選、極右の独立候補が勝利 中銀廃止を公約
参照元:BBC

なぜアルゼンチンでハイパーインフレが繰り返されるのか?
参照元:アゴラ

トルコにも当てはまる理由が多すぎて、アルゼンチンの後追いをしているようで怖いです。

中銀会合の詳細


トルコ中銀、5ポイント引き上げ―今後は利上げペース減速へ
トルコ中央銀行は先週(23日)の金融政策決定会合で、インフレを抑制するため、主要政策金利である1週間物レポ金利を5ポイント引き上げ、40%とすることを決めた。市場の大方は2.5ポイントの小幅利上げを予想していたため、サプライズとなった。
参照元:ウエルスアドバイザー株式会社


>しかし、現時点でトルコリラは年初来でドルに対し、まだ約35%安と、世界最安通貨となっている

このあたりは中銀も想定外だったかも。

引き締めの姿勢を強めていけば、多少なりともリラの反発が起こり、現状のような最安値の更新が連続で続くようなことは食い止められると思っていたのではないでしょうか。

まったく、信用を失うと言うことは、本当に怖いですね。

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

日経平均 4万円を突破 2024/03/04
株式市場の好調が続く トルコリラ運用の週間まとめ 2024/03/03
トルコリラ複利運用 2024年 成績の推移 2024/03/03
S&P500 最高値を更新 2024/03/02
トルコGDP(10-12月期) 前年比の伸びが減速 2024/03/01

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!