記事一覧

トルコ中銀 引き締めの最終局面を迎えていることを示唆

最終日も円の動きが慌ただしい感じに。
ドル円相場は、じわりじわりと円安方向に振れてフィニッシュ。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2024_01_27.jpg

リラは最終日も方向感なくフラフラ。

今週のクロスのチャートは、十字線が多めにできていました。

売り買いが拮抗していた感じ。

教科書的には相場の転換を示唆する場合もあるのですが、はたして来週のリラ相場はどのような動きをしてくれるのでしょうか。

トルコ中銀 引き締めの最終局面を迎えていることを示唆


トルコ中銀は利上げ打ち止めへ、難しい舵取りを迫られる局面は続く
トルコ中銀は、25日に開催した定例会合において主要政策金利である1週間物レポ金利を250bp引き上げて45.00%とする決定を行った。同行による利上げ実施は8会合連続であり、昨年実施された総選挙の後に就任したエルカン総裁の下では一貫して引き締め姿勢を強化し続けている。
参照元:第一生命経済研究所


>物価高と金利高の共存状態が長期化すれば足下で頭打ちの様相を強める景気が一段と下振れすることは避けられない。

まあ、実質金利はマイナスとは言え、前総裁の体制時と比べたら、比較できないほどの強い引き締め状態が続いているわけですからねぇ。

中銀が経済、国民生活に対する悪影響に、より注意深くなるのはあたりまえなのかもしれません。

引き締め政策に反応しないリラ相場に、中銀のイライラが募る状況は、まだしばらく続きそうな・・・

トルコ経済 先行きに暗雲


トルコ1月経済信頼感指数、サービス・建設が改善、小売りは悪化―設備稼働率は低下
トルコ統計局が25日発表したサービス業と小売業、建設業の経済状況を示す1月セクター別経済信頼感指数(季節調整後)はサービス業の全体指数が前月比4.0%上昇の116.8と、前月(12月)の同1.2%上昇から2カ月連続で上昇(改善)、23年7月(117.3)以来、6カ月ぶりの高水準となった。
参照元:ウエルスアドバイザー株式会社


設備稼働率が全滅です。

インフレと高金利の高止まり状態が長くなっていますから、この全滅状態もいたしかたなしなのかも。

インフレがガクッと低下してくれれば、いくらか違うと思うのですが、なかなか厳しい状況です。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは30円でした。

「スワップの推移」
月 30円
火 30円
水 90円(3日分)
木 30円
金 30円

合計:210円

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

トルコ 2月失業率 予想を下回る 2024/04/16
イランとイスラエル 全面戦争は回避か? 2024/04/15
米CPIが上振れ トルコリラ運用の週間まとめ 2024/04/14
トルコリラ複利運用 2024年 成績の推移 2024/04/14
イランのイスラエルに対する報復攻撃 市場の警戒感が高まる 2024/04/13

人気記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!