記事一覧

トルコ中銀 カラハン新総裁 引き締め政策を維持すると発言

今日の為替市場は全体的に円の水準が、一段階ずれた感じのチャートとなっています。
昨日の副総裁発言が材料視され、海外市場で一気に円安が進みました。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2024_02_09.jpg

ストレートの売り傾向は変わらず。

クロスは円売りの追い風もあり、上向き傾向が続いています。

まあでも、ストレートが弱いので、追い風はそよ風程度でしょうか。

NY市場サマリー(8日)S&P節目の5000近辺、ドル上昇、利回り上昇
参照元:ロイター

凄いことになってきました。

緩和サイクルがスタートしたら、さらにはじけるのでしょうか。

「今日の重要指標」
16:00 ドイツ 1月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)
16:00 ドイツ 1月消費者物価指数(CPI、改定値)(前年同月比)
22:30 カナダ 1月新規雇用者数
22:30 カナダ 1月失業率


トルコ中銀 カラハン新総裁 引き締め政策を維持すると発言


トルコ中銀新総裁、インフレ低下まで金融引き締め姿勢を維持
[アンカラ 8日 ロイター] - トルコ中央銀行のファティ・カラハン新総裁は8日、四半期インフレ報告を発表し、「インフレ率が目標と一致する水準に低下するまで、必要な金融引き締めを維持する決意だ」と表明した。カラハン氏の対外発言としては総裁就任後で初めて。
参照元:ロイター


>また、現時点で追加利上げの必要性はないとも表明した

新総裁に変わり、今月も利上げが継続されるのではとの憶測が流れていましたが、それは完全に否定された形となりました。

やはり前回会合の声明通り、今月からいったん利上げは停止となり、様子見期間に入りそうです。

米CPI年次改定値に注目が集まる


米CPI年次改定控え緊張感-昨年の大幅上方修正踏まえFRBも注視
米政府が発表する月間インフレ統計に関し、あなたが季節調整要因の年次改定について話をしたとすれば、相手が経済の話題に強い関心を持つ人物であっても、通常は退屈な表情をされるかもしれない。だが今年の場合、状況は異なるだろう。
参照元:ブルームバーグ


>エコノミストの間には、9日の発表を大げさに扱わないようにする動きがあるものの、異例の関心の的となっているのは確かだ

先の雇用統計の件もありますし、インフレの動向を確認できる指標に関心を持つなと言われても、それは難しい注文かと。

サプライズな結果となると、かなり大きな動きになるかもしれません。

関連記事

米金融・債券市場=利回り上昇、来週のCPIに注目
参照元:ロイター

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは32円でした。

「スワップの推移」
月 32円
火 32円
水 128円(4日分)
木 32円
金 付与なし

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

S&P500 最高値を更新 2024/03/02
トルコGDP(10-12月期) 前年比の伸びが減速 2024/03/01
アセモグル教授 トルコの金融引き締めは不十分と指摘 2024/02/29
アップル EV開発を断念 2024/02/28
トルコリラ 実質的な上昇は可能なのか 2024/02/27

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!