記事一覧

市場は緩和サイクルのスタート後ずれを織り込み始める

週明けの為替市場は静かにスタート。
日本含めアジア市場の休場が多いので、のんびりムードとなっています。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2024_02_12.jpg

全体的にヨコヨコ。

アジア市場の休場が多いので、動きだすのは欧州市場が開幕してからになりそう。

「今日の重要指標」
16:00 トルコ 12月失業率
21:00 インド 12月鉱工業生産(前年同月比)
21:00 インド 1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
27:00 イギリス ベイリー英中銀(BOE)総裁、発言
28:00 アメリカ 1月月次財政収支


市場は緩和サイクルのスタート後ずれを織り込み始める


FRBに債券トレーダー屈服、利下げ予想後退-昨年末から状況一転
米債券トレーダーは市場の最も古い教訓の一つにようやく耳を傾けつつある。米金融当局に逆らうなということだ。
米当局が数十年来の急ピッチの利上げを進めた時には、どこまで踏み込むのか投資家は一貫して見誤り、2022年には米国債相場急落で大きな損失を被った。
参照元:ブルームバーグ


>「市場は今、適切に織り込んでいると思う」と述べた

過度な変動がない方が、プロではない一般投資家にとっても、ありがたいことかと。

新NISA 運用益への課税について


【クイズ】新NISA、利益が増えて1800万円超えたら課税される?【非課税保有限度額】
昨年まで一般NISAとつみたてNISAでは、非課税保有限度額はそれぞれ600万円と800万円でしたが、2024年1月に新しくなった新NISAでは、1800万円(このうち成長投資枠が1200万円)に拡大されました。
ざっくりと「1800万円まで非課税で投資できる」と理解している人も少なくないでしょうが、それではもし投資して運用益が増えていき、1800万円を超えたら課税されるのでしょうか?
参照元:dmenuマネー


新NISAについての記事が増えてますね~

自身は今のところ静観中で、今年の枠はまだ1円も消化していません。

近年はNISAに限らずですが、年齢的にも貯めるよりいかに効率的に使うかを重視した商品選択にシフトしつつあります。

さらなる下落を食い止めてくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

広告

広告

最新記事

S&P500 最高値を更新 2024/03/02
トルコGDP(10-12月期) 前年比の伸びが減速 2024/03/01
アセモグル教授 トルコの金融引き締めは不十分と指摘 2024/02/29
アップル EV開発を断念 2024/02/28
トルコリラ 実質的な上昇は可能なのか 2024/02/27

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!