記事一覧

ドルトルコリラ(USD/TRY)が最高値更新 トルコリラ円は22円台に沈む

トルコリラが再び急落しちゃってますね。
これほどのドルの強さの前では成す術なしって感じで弱さに拍車がかかってます。

それにしても昨夜あたりからのドルの独歩高ぶりには驚かされますね。
それほど金利差が拡大しているわけでもないのにドル円も112円台に乗せています。
中国が何かやってるんですかね?

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_07_12.jpg

再びエルドアン大統領の発言が導火線になってしまったようです。

さらにこの最悪のタイミングでドルの独歩高も重なっているので、もうどうしようもない感じ。

この物価高の進行ペースではトルコ国民の生活は厳しさを増すばかりでしょうねぇ・・・

先日発表されたインフレ率では食品・飲料の上昇率が酷かったです。
生鮮果物・野菜の上昇が最もひどくて前年比で33.37%増になってました。

利上げはしましたけど、この市中の現状をみると今の金利では太刀打ちできるような感じではないですね。
はたして月末の中銀会合ではどのような決断を下すのでしょうか。

もうシムシェキ氏はいません


エルドアン・トルコ大統領 ドルと金利の下落に必要な行動
トルコのエルドアン大統領は、ブリュッセルに向かう途中の記者団との談話で、ドルと金利の下落に必要な行動をとると発言したことを同国のTV局TRT HABERが報じている。詳細は不明。
参照元:クルーク


普通に考えればこの発言は、通貨安とインフレに対して必要な行動をとると読み取れるのでしょうけど。
そこはエルドアン大統領のことなので、市場はただ単に利下げだけをするのではないかとの解釈でこの反応なんでしょうね。

米国とトルコの関係改善を期待します


困難暗示したトルコ大統領選 反米?協調?エルドアン氏再選で米国と波乱含み
トルコで6月24日に行われた大統領選で、現職のエルドアン大統領が再選を果たした。投票率は約87%と国民は高い関心を示し、同氏の得票率は52・6%とかろうじて過半数を制するにとどまった。エルドアン氏の強権統治に対する賛否が国を二分している形で、投票日には有権者同士が言い争う場面にも出くわした。トルコの政治体制が変わる歴史的選挙は、世論の対立の深刻さを見せつける機会となり、国の行く末の困難を暗示していた。
参照元:産経ニュース


対米関係が良くなれば、もう少しは通貨安も落ち着くとは思うのですが、なかなか改善方向に事が進んでくれません。

めったにあることがない直接会談(NATO首脳会議)の機会をなんとか生かしてほしいものです。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


昨日のスワップは87円でした。

付与レベルは上々なんですけど、またそんなことを言っていられるような場合ではなくなってきてしまいましたね。

債券売りの勢いも増すばかり。
新政権はいきなり正念場を迎えてしまいました。

副大統領は何人でもおけるみたいなので、シムシェキ氏の復活でもあれば大きなサプライズになりそうなんですけどねぇ。

粘るのだ頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

イギリスとEUが離脱期限の延長に合意 ただし条件あり 2019/03/22
FOMC終了 金融政策の転換を示唆 2019/03/21
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは38.6に到達 2019/03/20
スワップの付与レベルが低下 トルコリラ運用の週間まとめ 2019/03/17
トルコリラ複利運用 2019年 成績の推移 2019/03/17

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!