記事一覧

トルコ経済指標 経常収支(10月)は予想を上回る強い結果に落ち着く

今日のリラ円もヨコヨコが続いてますね。
他通貨はもう少し忙しい動きが続きそうですけど、リラは一足先にお休みモードに入りそうな気も。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


tryjpy_2018_12_12.jpg

21円付近での推移が長くなってきましたね。

経常収支は婿殿の発言していた通りの強い数字が出ました。

10月経常収支の結果
前回:18.3億ドル(18.0億ドル)
予想:25.5億ドル
結果:27.7億ドル

大波乱の一年でしたけど、もう年内に材料視されるようなイベントは明日の中銀会合を残すのみですね~

それにしてもポンドが酷い。
週明けからたった二日で270ピップス(GBP/USD)の値幅って・・・

今日はやや持ち直してますけど、また不穏な報道が流れてますからねぇ。
夕方以降は要注意でしょう。

「今日の重要指標」
22:30 アメリカ 11月消費者物価指数(CPI)(前月比)
22:30 アメリカ 11月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
22:30 アメリカ 11月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
22:30 アメリカ 11月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)


今週の最大の山場がやってきました。
雇用指標同様に頭打ちが意識されるようだと市場の反応は大きくなりそう。
トランプ大統領が口先介入しだしているのも気がかり。

メイ首相の不信任投票を実施か?


英保守党、メイ首相の不信任投票を12日夜にも実施の可能性=議員
[ロンドン 11日 ロイター] - 英与党保守党の議員らは、メイ首相の不信任投票を早ければ12日夜にも実施する可能性がある。首相に批判的な保守党のアンドリュー・ブリッジン議員が明らかにした。
参照元:ロイター


まあ党首が変わったとしても、EU側がこれ以上の譲歩を認めるとは思えませんけどね。
イギリスは離脱期限のギリギリまで揉め続けるつもりなのでしょうか?

ポンドの価値が日に日に毀損し続けています。

トランプ大統領が口先介入


トランプ大統領、FRBが今月利上げすれば「愚かなことだ」-ロイター
トランプ米大統領は11日、米連邦準備制度は来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げすべきではないと述べ、政策金利のさらなる引き上げに反対する姿勢をあらためて示した。
トランプ氏はホワイトハウスでのロイター通信とのインタビューで、金融当局が利上げすれば「それは愚かなことだと思うが、私に何が言えよう」と語った。
参照元:ブルームバーグ


まあ難しい局面でしょうね。
はたして今月の利上げでどこまで景気を冷やすことになるのでしょうか?

とりあえずは今夜のCPIに注目です。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは105円でした。

「スワップの推移」
月 115円
火 105円

以前のスケジュールだと木曜日が鬼門でしたけど、付与日変更後の新しいスケジュールになってからは、火曜日にガクッとくることが多くなってますね。

先週も火曜日に落ち込んでました。
今日は三日分が付与される予定ですけど、はたして持ち直してくれるのでしょうか?

今日も粘ってくれ頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

イギリスとEUが離脱期限の延長に合意 ただし条件あり 2019/03/22
FOMC終了 金融政策の転換を示唆 2019/03/21
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは38.6に到達 2019/03/20
スワップの付与レベルが低下 トルコリラ運用の週間まとめ 2019/03/17
トルコリラ複利運用 2019年 成績の推移 2019/03/17

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!