記事一覧

ポンド急反発 ブレグジットに進展アリか?

今日のトルコリラも小康状態が続いてます。
まあヨコヨコは大歓迎なんですけど、もう少し上での推移をお願いしたいところ。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


トルコリラ円 TRY/JPY(日足) 2019年3月12日

昨日の米指標(小売売上高)は強い結果で通過できてよかったです。
やはり米株が強いと、市場全体のムードが良くなりますね。

「今日の重要指標・イベント」
18:30 イギリス 1月月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 アメリカ 2月消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 アメリカ 2月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
21:30 アメリカ 2月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
21:30 アメリカ 2月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
時刻未定 離脱協定案採決 イギリス


今夜の米指標も怖いです。
採決は正確な時刻は発表されていません。
13日の未明あたりか?(日本時間)

もしかして可決アリなのか?


英首相、離脱協定を強化する法的拘束力のある修正を確保=閣僚
[ロンドン 11日 ロイター] - 英国のメイ首相は、欧州連合(EU)離脱協定を強化し、改善する法的拘束力のある修正を確保した。リディントン内閣府担当相が11日、議会に明らかにした。
参照元:ロイター


採決直前ですけど、メイ首相はEUから譲歩を引き出すことに成功したようです。

もしかして二回目の採決は、この好材料を受けて滑り込みセーフ(可決)となるのでしょうか?

今夜もポンドは荒れそう。

ブレグジットの行方 今後のシナリオ


【要点解説】 ブレグジットで英下院、重要採決へ
イギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の期限を3月29日に控え、英下院は12日、今後の動きを決める重要な採決に臨む。要するにどうなっているのか、短く説明する。
参照元:BBC


ブレグジットの要点が簡潔にまとめらてました。

いろいろなシナリオがありそうですけど、こればかりは採決を経てみないと、どう転ぶかわかりませんしねぇ・・・
長らく続いていたブレグジット問題も、いよいよ最後の山場を迎えます。

トルコ リセッションに突入


トルコがリセッション入り、10-12月GDP2.4%減-リラ一時下落
トルコ経済は約10年ぶりにリセッション(景気後退)に陥った。
11日の発表によれば、2018年10-12月(第4四半期)国内総生産(GDP)は季節調整済みで前期比2.4%減と、1.6%減(改定値)だった7-9月に続くマイナス成長。前年同期比では3%減だった。ブルームバーグのエコノミスト調査ではそれぞれ2.4%減、2.5%減が見込まれていた。
参照元:ブルームバーグ


予想通りのリセッションといったところでしょうか。
普通の金融政策をしていれば、あれほどの酷いショックはなかったでしょうね。

まあ過ぎてしまったものはもうどうにもなりません、次の発表(今年の第一四半期)に期待しましょう。

トルコリラ円 スワップの付与レベル


昨日のスワップは100円でした。

「スワップの推移」
月 100円

やはり先週末のレベルを引き継いでのスタートでした。
今週はこのあたりのレベルで推移しそうです。

今日も粘ってくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

イギリスとEUが離脱期限の延長に合意 ただし条件あり 2019/03/22
FOMC終了 金融政策の転換を示唆 2019/03/21
トルコリラ円の複利買い増しを実行 総ロットは38.6に到達 2019/03/20
スワップの付与レベルが低下 トルコリラ運用の週間まとめ 2019/03/17
トルコリラ複利運用 2019年 成績の推移 2019/03/17

人気記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!