記事一覧

トルコショックを警戒だそうです 世界最大手の鉄鋼メーカーが減産を発表

今週のリラ円もヨコヨコでスタート。
今日は英国と米国が休場なので、あまり動かないかもしれませんね。

トルコリラ円 TRY/JPY(日足)


トルコリラ円 TRY/JPY(日足) 2019年5月27日

リラ円は先週の終値付近でヨコヨコ中。
相関通貨もほぼすべてヨコヨコスタートですね。

今週も立ち上がりだけは無難です。

最大手メーカーの鉄鋼減産 新興国経済に悪い影響が及んでしまうのでしょうか?


トルコショック ミタルが欧州鉄鋼減産 警戒強めるトルコ経済=真田明
世界鉄鋼最大手のアルセロール・ミタルが欧州で年間300万トンの減産に踏み切る。日本のメーカーに例えれば、電炉最大手の東京製鉄が丸ごと消える減産が行われる。欧州はミタルのお膝元で、グループ生産量の半分となる約4500万トンを生産している。この減産がまわりまわって新興国の経済危機に波及する可能性が浮上している。
参照元:エコノミスト


>ミタルは減産を表明することで、欧州当局へ輸入鋼材の規制を働きかける狙いとされる。一方で鉄鋼を主力輸出品とするトルコが欧州から締め出されれば、トルコは外貨獲得の有力手段を失いかねない。これが「トルコショックの引き金になる」(欧州の鉄鋼関係者)といった声も聞こえ始めている。

トルコを刺激すると、最終的には難民問題に行き着いてしまうと思うので、まあ締め出しはないと思います。

米中摩擦の影響による世界的な内需減退が進行してしまった場合の方が、もっと怖い状況になるような・・・

再選挙後もぐだぐだしそう


再選挙”強行”でイスタンブールを守るエルドアン大統領
3月31日に行われたトルコの統一地方選挙では、エルドアンの与党AKP(公正発展党)は苦戦を強いられ、首都アンカラ、最大都市イスタンブールの市長選挙を接戦で落とした。エルドアンとAKP側はこれを受け入れず再集計を求めたが、4月中旬には選挙当局は、イスタンブールで野党候補のエクレム・イマモールがAKPの元首相ビナリ・ユルドゥルムに0.3ポイントの僅差(14000票に満たない差)で勝ったことを確認した。AKP内部ではこの敗北に異議を申し立てるか否かで大きな議論があったようだが、エルドアンは再選挙を求める決定をしていた。5月6日、圧力に屈した選挙管理当局はイスタンブール市長選挙のやり直しを命じた。
参照元:株式会社ウェッジ


>そこには政権を支えるために必要な利権の甘い汁を配分するための網の目が構築されているということらしい。この都市が野党の手に渡れば、その内情が暴露されるに至る可能性がある。エルドアンとしては、そのことを恐れているのかも知れない。

このあたりが本当のことなら、最初の選挙で負けたのは甘い汁の分配が少なかったっていうことなんでしょうか?

まあ、どちらの結果になったとしても、まだしばらくリラの上値が軽くなることはないでしょうね。

今週も粘ってくれ、頼むぞリラ ♪(/・ω・)/ ♪

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

ミサイル問題に揺れる一週間でした トルコリラ運用の週間まとめ 2019/06/16
トルコリラ複利運用 2019年 成績の推移 2019/06/16
ムーディーズがトルコを格下げ 2019/06/15
ミサイル問題に進展なし リラ売りが進む 2019/06/14
トランプ大統領 ノルドストリームへの制裁を示唆 2019/06/13

人気記事

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!