記事一覧

年金+α(トルコリラのスワップ)を確実にするための中期戦略

トルコリラのチャートをみてもらえばわかるのですが、もうずっとだらだらと下げ続けるのみ。
リバウンドは小さく方向は完全に下。

いつか相場が反転して上向きになることも考えられますけど、それは完全に運任せと言うもの。
肝心な、年金+αを目指した老後に、下げ続けていることも十分ありえますし。

そこで年金+αを確実なものにするために、中期の目標を考えておくことにします。

とりあえず、長期は10年を目途。
中期は5年ぐらいを目途にしておきます。

なので、レバ1の買い増しを昨年3月にはじめたので、中期の目標までは、だいたいあと4年ぐらいってことになります。

そこで、考慮にいれたのはこのような計画。

5年目まで。
レバ1付近を守り、とにかく買い増しをやめない。




その後、6年~10年。
買い増しをやめて、ひたすらスワップを貯める。
レバレッジを下げることに専念。
または、評価損益のレベルに応じて、買い増しペースを変更。




10年以降。
レバレッジが1倍以下になっていることに成功していたら、一年分のスワップを引き出し、年金+αの資金としてじゃんじゃん使う。


10年後はまだ年金生活ではありませんけど、早い時期に+αが完成していたほうが心に余裕がもてます。
昨今の不安定なトルコリラの動きをみていたら、計画達成は早いほうが吉だと思い、中期戦略をたててみました。

5年後の評価損が厳しければ、この計画通りに運用を進めるつもり。
あとの5年(6~10年)でレバレッジが1以下にならなければ、さらに寝かす可能性もあります。

この年金+α計画は、とにかく後半の5年でどれだけレバレッジを下げられるかにかかっています。
ないとは思いますが、もし評価益状態だったら、レバ0.5ぐらいでの買い増しはアリかもしれません。

5年後のロット数は、だいたい年3ロットづつ増えたとして、以下のような感じでしょうか。
※現時点で一年経過しているので、あと4年分のロットを加算。

29.7ロット(現在)+12ロット=41.7ロット

年間のスワップ。

41.7ロット×82円×365日=1,248,081円

計画がうまくいけば、10年後にはレバ1以下で、月に10万円程度の+αが構築できていることになります。
※あくまでも投資環境が、現状とさほど変わらなければですが。

10年後はまだまだ先の話ですが、5年後ならあと4年!
せめて身近な、5年後までの目標は確実に達成したいと思います (」*´∇`)」

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

最新記事

トランプ大統領 トルコへの制裁について上院議員と会合へ 2019/07/22
制裁はまた持越しで越週 トルコリラ運用の週間まとめ 2019/07/21
トルコリラ複利運用 2019年 成績の推移 2019/07/21
FOMC 大幅な利下げ観測が後退 2019/07/20
トランプ大統領はトルコへの制裁に迷いがあるようです 2019/07/19

人気記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

更新のお知らせ(Twitter)

プロフィール

Author:豆腐メンタル
PVアクセスランキング にほんブログ村
トルコリラの低レバ運用を続けて公的年金+αを目指します!